1. トップ
  2. 診療科
  3. 脳神経内科

脳神経内科

標榜科名の変更について(「神経内科」が「脳神経内科」に変わります)

 この度、令和元年5月から標榜科名を、「神経内科」から「脳神経内科」に変更することといたしました。
 従来「神経内科」の名称が「精神科」や「心療内科」と混同されることがありました。また、専門医療を必要とする患者さんが適切な時期に受診ができていないことも見受けられました。
 このようなことから、脳・神経・筋疾患を、内科的専門知識と技術を持って診療する診療科であることをわかりやすくする観点から変更することとなりました。
 今後とも当診療科をよろしくお願いいたします。

脳神経内科は、「脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を内科的に治療する科」と考えて下さい。

 時に意識がなくなる、頭痛・めまい、ふるえ・しびれ、脱力感、歩きづらい・歩けない

 言葉が喋りにくい、もの忘れ

などの症状のでた方は、ご相談ください。

患者さんの声に耳を傾け、症状の原因・病気の部位を明らかにし、内服治療や場合によっては他病院の脳神経内科や脳神経外科・整形外科・眼科・耳鼻咽喉科・精神科など(当院に無い科は他院にて)との連携で、早期回復に努めます。


現在月曜日のみ診療を行っています(非常勤医師(月曜日))。