1. トップ
  2. 部門紹介
  3. 看護部
  4. 活動する看護師
活動する看護師
認定看護師
感染管理認定看護師
感染管理認定看護師の顔写真 感染管理認定看護師の顔写真

吉岡ゆかり

 2006年に「感染管理認定看護師」の資格を取得しました。
「感染管理認定看護師」として、患者さんや家族、訪問者、医療スタッフを院内感染から守るための活動を行っています。院内や地域の情報をできるだけ早く察知し、情報提供をするとともに、集団感染を起こさない、広げないことを目標に教育・支援などに取り組んでいます。

摂食・嚥下障害看護
認定看護師
摂食・嚥下障害看護認定看護師の顔写真 摂食・嚥下障害看護認定看護師の顔写真

飯田 尚美

 2014年に摂食・嚥下障害看護認定看護師の資格を取得しました。
 多職種のスタッフと連携しながら “食べる機能”に障害のある患者さんの嚥下機能の評価、適切な栄養管理やリハビリテーションの実践・指導を行い、一人でも多くの方の「食べたい」思いの実現に向けて支援していきます。

学会認定有資格者
排尿機能検査士
イラスト 3世代家族6人全員が、笑顔で万歳をしている画像 イラスト 3世代家族6人全員が、笑顔で万歳をしている画像

 日本泌尿器科学会が認定する専門資格です。
 排尿機能検査は主に神経因性膀胱の患者さんを対象に行われてきましたが、近年は尿失禁や下部尿路機能障害の診断・治療目的のためなどその重要性は増しています。
 当センターにおける排泄ケアチームの一員として、「医療チームが個を尊重した排泄ケアに取り組み、患者さんが社会的に自立した生活が送れる」ことを目的に活動しています。

介助犬普及活動
介助犬がキーホルダーを咥え、車いす利用者に渡そうとしている画像 介助犬がキーホルダーを咥え、車いす利用者に渡そうとしている画像

 介助犬普及推進室では、社会復帰と自立をサポートする選択肢として、介助犬をご紹介しています。
 介助犬と共に、社会復帰を目指しませんか!
 一般的にはまだまだ少ない介助犬の情報が満載です。

院内認定看護師
呼吸ケア認定看護師
脊損認定看護師
介助犬がキーホルダーを咥え、車いす利用者に渡そうとしている画像 介助犬がキーホルダーを咥え、車いす利用者に渡そうとしている画像

 当院では、脊髄損傷患者さん、呼吸器疾患患者さんにより密度の高い看護が提供できるよう院内独自の教育プログラムがあり、医師、他職種から協力を頂きながら、看護師のレベルアップの場を設けています。
 院内認定コースを経た看護師は、今度は他スタッフへ教育、指導する立場になります。大変なこともありますが自己研鑽の機会を与えて頂き、日々頑張っています。