1. トップ
  2. 部門紹介
  3. 薬剤部

薬剤部

  1. 薬剤師3名、薬剤助手1名のスタッフで、入院・外来患者様のおくすりを調剤しています。おくすりによっては効果や副作用を確認しながら、有効かつ安全な治療が行われるように努めています。
  2. 入院患者様については、薬剤師が入院時のおくすりの確認や入院中のおくすりについての説明を行う等、よりよい薬物治療が行えるように努めています。
  3. おくすり窓口では、すべての患者様に、おくすりの内容や前回からの変更点などを説明して、おくすりをお渡ししています。
  4. 初めて吸入治療をされる患者様には、おくすり説明コーナーで吸入のやり方等を説明して、しっかり吸入ができているかを確認し、確実な吸入治療がおこなわれるように努めています。
  5. 平成28年3月に調剤システムが新しくなり、おくすりの袋が見やすくなりました。
  6. 透明なおくすりの内袋には、中に入っているおくすりの名前や飲む時間、飲む時間のイメージイラストなどを記載して、いつ飲む薬なのかが分かりやすくなるようにしています。

基本理念

薬物治療の支援を行い、患者様と医療スタッフに信頼され必要とされる薬剤部を目指します。