1. トップ
  2. 職員募集
  3. 後期研修医(リハ科)

リハビリテーション科後期臨床研修医募集

リハビリテーション科専門医を目指す先生へ

当センターでは、脊髄損傷や脳血管障害、切断、骨関節疾患、神経筋疾患などの患者様の主治医として、亜急性期や回復期から社会復帰までのリハビリテーション医療が研修できます。特に脊髄損傷や切断などの疾病は、比較的長期間のリハビリテーション医療が必要であるために、社会復帰まで診ることができる医療機関は、昨今、非常に限られています。当センターは、リハビリテーション科専門医として必要とされる実質的な知識と経験が得られる数少ない研修施設(日本リハビリテーション医学会認定)です。脊髄損傷や切断のリハビリテーションの技術は他の障害にも応用ができます。

当センターは、一般のリハビリテーション病院では難しい脊髄損傷のリハビリテーション医療において中国四国地方の中核的役割を担っています。さらに、「全国脊髄損傷データベース」の事務局を設置し、リハビリテーション医療の水準をより高く設定するよう努めています。研究面においても、当センターの医用工学部門との連携により、福祉機器の開発や脊髄損傷に関する分野で多くの成果を出しています。研修に来て下さった先生方も研究に携わって頂き、その成果を学会や論文で報告することができます。

我々は脊髄損傷や切断の患者様が、社会復帰後に活躍する様子を見届けることに大きな喜びを感じ、常日頃、一人でも多くの先生方とそれを分かち合いたいと思っています。経験豊富なリハ専門医(常勤専門医数7名 平成28年1月現在)や医療スタッフがお待ちしておりますので、少しでも興味をお持ちの方は御連絡ください。

リハビリテーション科後期臨床研修年次別プログラムと目標

日本リハビリテーション医学会専門医制度卒後研修カリキュラムにそって研修を行います。その主なもの(総論)は下記の通りです。脊髄損傷や切断(各論)に関しては、担当して頂く症例を通じて3年次から多くの知識や技術を習得することができます。 また、他科の医師で、今後、リハビリテーション科専門医を目指す先生方には、下記プログラム内容に固執せず柔軟に対応させて頂きます。

3年次:

リハビリテーションチーム医療の管理

義肢・装具の処方、適合判定

嚥下・言語機能の評価

認知症・高次脳機能の評価

筋電図の理解

膀胱直腸障害の評価と治療

職業リハビリテーションの理解

日本リハビリテーション医学会中国四国地方会で発表

4年次:

障害者心理の評価と対応

嚥下造影、筋電図の実施

家屋改造の指導、環境制御装置の処方

神経筋ブロックの実施

障害者スポーツの理解

日本リハビリテーション医学会学術集会で発表

5年次:

学会での発表した内容を国内の学術誌に投稿

日本リハビリテーション医学会臨床認定医受験の準備

6年次:

日本リハビリテーション医学会臨床認定医受験

認定臨床医合格後、日本リハビリテーション医学会専門医受験の準備

 

募集要項

募集医師

リハビリテーション科後期研修医

内科(リハビリテーション科の医学研修も可能)

募集資格

初期臨床研修修了者

給与・待遇

当院の規程に基づき支給

当直、時間外等諸手当を含むおおよその年収(税込み)

 3年目 約890万円  4年目約902万円

 5年目 約920万円

休 日

土日祝祭日(週休二日制)、年末年始(12月29日~1月3日)
年次有給休暇、夏季特別休暇あり

福利厚生

社会保険:健康保険・雇用保険・厚生年金・厚生年金基金・労災保険
宿舎完備:
1.単身用(敷地内マンション形式・約15,000円/月・駐車場無料)
2.世帯用(敷地内/外マンション形式(2〜3LDK)・約35,000円/月・駐車場無料)

宿直実績

平成27年度実績 月平均3~5回、平均救急患者数1.5名

設 備

医局、当直室ではWifiにてインターネット接続可能

応募書類
  1. 臨床研修願
  2. 履歴書(写真添付)
  3. 学歴は高校入学より記入 ・学会等の資格を記入

    職歴は所属科を記入

  4. 専門分野の診療、研究業績等があればその書類(様式は任意)
  5. 医師免許証(写)
  6. 保険医登録票
  7. 学位記(写)※学位記甲・乙取得者のみ
  8. 研修修了証(写)

上記書類を応募先まで郵送、または持参してください。

選考方法

個別面接を当院で行います

面接日・場所

日程等詳細は別途通知します。当院会議室にて実施します。

採用通知

本人宛に2週間以内に連絡します

応募・ 連絡先

〒716-1241
岡山県加賀郡吉備中央町吉川7511
独立行政法人労働者健康安全機構
吉備高原医療リハビリテーションセンター 総務課 担当:井東
TEL:0866-56-7141  FAX:0866-56-7772
Email:syomu@kibirihah.johas.go.jp

病院見学

随時受け付けております。
連絡先にメールにて、希望日(平日のみ、第三希望まで)、メールアドレス、住所、携帯電話番号等をご連絡ください。
日程が決まりましたら担当者より連絡いたします。