1. トップ
  2. リハ専門医療
  3. 圧力計測結果に基づいた褥瘡予防(プレッシャークリニック)

圧力計測結果に基づいた褥瘡予防(プレッシャークリニック)

クッション

脊髄損傷者が車いすで社会参加するためには、それぞれの方に合ったクッションの選択、調整が必要です。座面の圧力分布を視覚的に捉えることにより、褥瘡予防をより効果的に行うことが可能です。

ROHOクッションの空気圧調整

吉備高原医療リハビリテーションセンターのリハビリテーションの流れ 吉備高原医療リハビリテーションセンターのリハビリテーションの流れ

ROHOクッション

当センターでは大気圧に調整して計測・評価し、圧力が高い方には、座って約2秒間空気を抜く空気圧の調整法を指導しています。

マットレス

脊髄損傷者にとって、褥瘡を予防する目的から、ベット用マットレスの選択、ベッド上での体位変換は必要不可欠です。社会復帰に向け、入院中にマット上での仰臥位、側臥位、ギャッジアップ時の圧力計測を行い、活動性、介護者の力量、寝心地等を考慮して、ベッド上での褥瘡予防のアドバイスを行なっています。

プレッシャークリニック

プレッシャークリニックでは、各脊髄損傷者に合った褥瘡予防装置の選択・調整、教育・指導を目的に、車いす上座位、ベッド上仰臥位・長座位、便座上座位、自動車のシート上座位などでの座面の圧力を計測しています。

医師の指示により、研究員が体圧分散測定システム(ニッタ製)を用いて褥瘡発生の可能性の高い部位について圧力測定を行い、計測後、圧力に関する重要な情報を提供しています。

詳しくはこちら